ヤミ金融

紹介屋の手口

紹介屋は多重債務者のカモにして、自分ではお金を貸さずに借りれる業者を紹介し、さも借りれたのは自分の手柄だと偽って多額の紹介料をせしめる業者です。もちろん紹介屋は金融業者でもなんでもなく、たんなる詐欺師のような存在です。

紹介屋の手口は、多重債務者の名簿をどこからか入手して、直接DMや電話などを使って融資を持ち掛けてきます。また、最近はwebサイトや雑誌などを使って、「低利での一本化」「無審査で貸します」といった広告を打って集客をしています。

もちろん、低利での一本化や無審査で貸しますといった広告は客集めのための大嘘で、そんなあり得ない話に飛びついていく人も、冷静な判断ができなくなっているのでしょう。

紹介屋の常套文句

こういった広告に騙されて申し込んでしまうと、紹介屋はさも自分が金融業者であるかのように、現在の借入件数や収入、居住地といった情報を聞いてきます。

そして今から調査をすると言って一旦電話を切るわけですが、しばらく経って電話がかかってきた際、必ず言う常套文句は以下の文言です。

  • 多重債務になってますね。
  • ブラックリストになっています。
  • これではどこで申し込んでも審査には通りません。
  • しかし当社が紹介をすれば審査に通ります。

さも自分が信用情報機関のデータを見たかのように偽っていますが、金融業者でも何でもない紹介屋がそのようなデータを見れるわけがありません。これは、先ほど電話で聞いた話を自分で創造して誇張しているだけのことです。

しかし、紹介屋のことを金融業者と信じている人間にとったら、上記の文言をハッキリ言われたらついつい信じ込んでしまいます。

0

そして、最後は借入先の紹介になります。確実に融資をしてくれる消費者金融を指示し、融資の申込書の記載方法と対応手段まで細かく指示してきます。細かい指示は以下のようなことです。

  • 紹介屋からの紹介であることを口外しないこと。
  • 借入の目的は買い物であるということ。
  • 収入を多めに申告すること。
  • 新聞広告を見て申し込んだということ。

そして最後に、融資が実行されたら紹介料を支払うことを約束させられます。

上記の手口は典型的な紹介屋のやり方ですが、実際には紹介屋は何ら紹介もしていなくて、単に審査が通りやすい金融業者を予め調べておいて、そういった金融業者を教えただけのことです。

しかし、紹介された本人は口利きをしてもらったから審査に通ったものと信じ込んで、多額の紹介料を支払っているのです。

紹介屋を対処するには

こういった詐欺行為に対処するためには、融資を誘うDMやメールを信じないことです。どんなにお金に困っていても、誰某の紹介でお金を貸してくれるといった話があるはずがありません。

どこからも借りれない状況に陥っている多重債務者というのは、支払い能力がゼロと見なされて信用も最低ランクになっています。そういった自分の状況を冷静に判断する力が必要です。