キャッシング審査

審査が甘いのは中小ローン会社

借り入れ件数が4件以上の方は通常、多重債務者扱いとなりますが、そういった方は大手銀行系の消費者金融では審査に通りません。大手で審査に通るのは借り入れ件数が3件以内で借り入れ総額が年収の三分の一以下の方、そして年収が250万円以上のサラリーマンに限定されます。無職や専業主婦といった定収の無い方は、基本的に対象外となります。

大手で借りれない方は、中堅規模の金融会社を選びましょう。中堅規模の金融会社は大手ほど審査が厳しくないので、審査に通る確率がアップします。大手ほど金利は低くありませんが、一昔前のような高金利(30%近い)ではありませんので、さほど怖がることもないでしょう。きちんと毎月計画的に返済を履行していれば、確実に元金は減っていくはずです。

0

確実にキャッシングするためには

確実にキャッシングするには、審査に通る可能性が高い消費者金融を選ぶことから始まります。可能性が低い業者に申し込んでみたところで、時間の無駄ですし信用データを汚すことにもつながります。したがって、理想を高く持たず、自分の状況(借り入れ件数、年収)に合致したキャッシング会社を選ぶことが、一番肝要になることです。

人間、少しでも理想の業者(低金利、借りやすさ)と取り引きしたいと考えてしまいますが、金銭賃借契約は貸し手と借り手の思惑が一致してこその契約ですので、一方的に借りたいと思ったところで、片思いになってしまいます。

どうしても大手メガバンク系列の金融会社で借りたいと思うならば、現在の借り入れを減らして、審査基準に合致するように努力しましょう。そうすれば、審査に通ります。

金融会社の選び方

借り入れ先の金融会社を選ぶ際に注意すべきポイントは、低金利であることが第一条件となります。金利は低ければ低いほど借りやすくなりますし、返済も楽になります。次に重要なことは、審査の甘さです。

いくら金利が低くても、審査基準が厳しくて簡単に借りれなければ意味がありません。借り入れ件数が4件以上の多重債務者でも、簡単審査でキャッシングできてこそ優良な金融会社といえるはずです。

審査を厳しくして優良顧客のみを相手にするような金融会社には、まったく魅力を感じません。

中堅の消費者金融が狙い目!

中堅の消費者金融といっても全国にも無数に存在しますし、その内容もピンからキリまであります。その中からご自
分の居住地域に近く、 ご自分の債務状況に合致した金融業者を選ぶことをお薦めします。中堅といっても、大手並
みに低金利で貸し出している業者もありますし、 借り入れ件数が6件以上でも審査に通るような激甘審査のローン
会社も存在します。そういった実情については、各金融関連の掲示板などの 口コミ情報を基にするのが間違いない
でしょう。webサイトなどの情報を鵜呑みにするのは危険です。

審査基準が甘い順の一覧表です。

  • 名もない地方のマチキン
  • 中堅消費者金融
  • 大手消費者金融
  • 銀行カードローン

どのランクのローン会社で借りるかは本人の自由ですが、可能であれば低金利の銀行系カードローンを利用したいものです。現在の借金がほぼクリアなサラリーマンであれば、間違いなく審査に通るはずです。

他社からの借り入れが多いような方は、大手の審査には通る見込みが薄いので、中堅消費者金融か、あるいはそれ以下のマチキンを利用する以外に方法はありません。

借金

審査に通る秘訣

金融会社でお金を借りるためには、まず第一に借入審査を通過しなくてはなりません。審査に通らないことには一円たりとも借りることは出来ないのです。審査に通るためには、金融業者が定める審査基準に見合った人物であることが第一条件です。

審査基準とは、「収入」「現在の借金総額」「過去の借金履歴」が主な項目になります。この主な項目に問題がなければ、ほぼ審査は通過するでしょう。しかし、一点でも問題があれば、審査で落とされることとなります。

たとえば、収入の無い無職であったり、現在の借入件数が5件以上の多重債務者であったりすれば、審査で落とされることになるでしょう。大手と中小では審査基準に差がありますが、上記のような問題があればキャッシングすることは不可能です。

そして一番問題有りとされるのが、過去7年以内に自己破産をしている人です。これは信用情報センターの事故情報に登録されていますので、ほぼ100%審査に通ることは不可能となります。

審査に通る秘訣は、三点の審査項目を自分が有しているか否かを自己判断することです。一点でも問題があれば、審査に通ることは難しくなりますので、なるべく審査基準がゆるいローン会社を選んでみましょう。

そうすることで、審査に通る可能性が高くなります。

キャッシングの基礎知識